私も、過去に10数年腰痛で悩んでいました。 ある先生からは、『一生良くなりません。』とも、言われたこともありました。 そんな腰痛が見事に消えた方法が、自分で良くできるハピトレでした。 私自身も良くなった方法【ハピトレ】で、自分で自分ののカラダを良くできる秘訣をお伝えします。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小倉から新大阪に向かう車内から。

photo:01



おはようございます!
やまやんです。

私は、普段ブログの更新はPCばかりですが、今日はiPhoneで更新させて頂きました。

それは、新幹線の車内で素敵な光景に出逢えたので、それをお伝えしたかったからです。

私の座っている座席は3人掛けの席です。

その前に座っている会社のグループで移動していると思われる5人の女性がいます。

前の3人掛けの席に若い女性、後ろの席に上司と思われる2人。

そこに、若いスーツを着た男性が切符を眺めながら席を確認して行ったり来たり。

そして、若い女性3人掛けの席で立ち止まり、「すみません。私の切符この席になっているんですが…。」と、女性に話し掛けました。(席が近くだったこともあり聞いてしまいました。)

そこで、直ぐに後ろの上司であろう女性が、「すみません。前に座っているのは、会社の同僚です。宜しければ私たちの隣りにご一緒して頂けませんか?」と若い男性に話し掛けました。

若い男性はニッコリと笑い「そうでしたか。いいですよ!」と気持ちのいい返事で答え本当の自分の席ではない座席に座りました。

そして、上司であろう女性が冗談混じりに「前に座っているのは見ての通り私たちより若くって一緒に座ると余計に年に見えるでしょ?」と若い男性に話し掛けました。

若い男性は、素敵な笑顔で、「全然そんなことないですよ!」と答え、笑顔で会話を続けていました(^^)

席をすんなり譲った若い男性は素敵だな~と思います。

そして実は、この5人の女性は私と同じ駅から乗って座る時に、「私たちと一緒に座ると気を遣うでしょ?移動の時位、ゆっくりしなさい。」と若い3人を前の席に座らせたのです。

それを、冗談を交えて男性に話し、男性とも楽しい移動時間にしてしまう。

人との繋がりを大切にして楽しい時間を過ごしている人だなと学ばせて頂きました(^_^)

素敵な時間を過ごさせて頂き感謝します。

iPhoneからの投稿
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomido.blog12.fc2.com/tb.php/521-645d897f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。