私も、過去に10数年腰痛で悩んでいました。 ある先生からは、『一生良くなりません。』とも、言われたこともありました。 そんな腰痛が見事に消えた方法が、自分で良くできるハピトレでした。 私自身も良くなった方法【ハピトレ】で、自分で自分ののカラダを良くできる秘訣をお伝えします。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


痛くなったら、また、通う ・・・

そんなことやめにしませんか?



リセット療法は、体の根本から改善し、


生活習慣改善アドバイス・回復ストレッチ指導で、


あなたの体を生活からトータルサポートします!






北九州市八幡西区 えがお回復整体 なごみ堂 


院長の山田 幸一です。


今日の北九州市は、でした。



今日のの症例です。


Tさん 50代 女性 肩コリ・首痛・


腰痛【ギックリ腰】で来院しました。


肩コリ・首痛は20代から、腰痛は昨年12月に


激しい痛みが出て肩コリ・首痛と一緒に検査を


行ったそうです。


結果は、ギックリ腰・首痛・肩コリは、


問題ないと、言われたそうです。


しかし、腰痛は軽くなったが、肩コリ・首痛は


一向に改善せず



「スッキリとした毎日を過したい!」



と、願いを持って来院しました。


腰を1番始めに改善して行きたいとの願いから、


腰の改善に1番の目標を決めて施術しました。


Tさんの状態は、背骨に湾曲が少ない状態で


座る時に腰が寝てしまっている状態【寝腰】


でした。


そこで、背骨の湾曲を意識して施術を行い


座る姿勢の指導を行ったところ



「なんでこんなに楽に座れるの!?」



「さっきまで、痛かったのに!?」



と、目を丸くしていました


背骨の湾曲が少なくなると、上半身の体重を


腰で一生懸命に支える状態になるので、


腰に負担がかかり痛みになるケースが多いです。


また、座り方も【寝腰】になると、


同じケースで痛みが出ることがあります。


座る時の姿勢は、【立腰】にすることで、


上半身の体重が重力に逆らわず、


真下に向くことで腰の負担にはなりません。


座り方一つでも、


痛みを生む原因になりますよ!



目標・夢を持ち、それに向かって進む時、


人間の回復力は絶大な物になります。


みなさんも目標をしっかり持って


来院されてくださいね! 



みなさん、


ご高齢だから …


もう良くならないと言われたから …


何十年も続いている痛みだから …


などの理由で、あきらめないでください!


夢を持って来院してください!

みなさんの夢を叶えます!



なごみ堂 HPはこちら!


ブログを読んでいただいているみなさん。


痛み、不調を一人で悩まず、我慢しないで、


お気軽にご相談ください!



メールでの相談

↓↓↓↓

メール


症例にピンッ!ときたら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

093-645-3750

まで、いますぐお電話を!


MR、CTでも異常が無いなど原因不明の痛み、


不調などでお悩みの方。

 

あきらめないで!まずはご相談ください!


☆当院では、みなさまの早期回復を

常にめざしています!



    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
   
    F C 2ブログランキング
    
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
    人気ブログランキングへ  
    人気ブログランキング

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
    にほんブログ村ブログランキング

ブログランキング参加中応援よろしくお願いします!

[座り方の重要性]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。